男前じゃなくてもモテる私服!男子大学生がモテる服装アレコレ

男子大学生ファッション!モテ服コーデをみてみる

 

 

男前じゃなくてもモテる私服!男子大学生がモテる服装アレコレ

 

女性にモテるための服装をお考えだということは、服装さえ変えれば完璧な状態までご自身の身体・精神を高められていることと存じます。いや、全然そんなことないけど、とりあえず服装を変えてモテるならやってみようかなというぐらいの軽い気持ち、どちらでも構いません。今あなたはご自身の服装になんらかの問題があると認識しているということが大事なのです。心無い女性に「ダサイ」と言われてしまったのかも知れません。「○○君、顔はそこそこかっこいいんだけど服がイマイチでさ〜」こんなことを言わていそうだと自覚がおありなのであれば変えましょう。男性に多いのは無自覚であるということ、客観的にご自身を見ることが出来ないということが問題なのです。あなたはまず第一関門であり、一番の難関である部分をクリアしました。あとは簡単です、素直に改善しようとしているご自身を正しく評価して次へ進みましょう。まず、男性も女性も同じですが一緒に歩きたくないというレベルの方がいます。不衛生である、過度に派手、自己主張が激しすぎる。前述3項は、ご自身で問題意識をお持ちの皆様であれば既にクリア、または気づきがある部分だと思います。

 

次に意外と見逃しがちなのがTPO(Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合。)を守れていない人。ご自分にムダに自信があったり、「人と違うことがかっこいい」と思っている若い方に多いですね。これも一緒にいたくない人のカテゴリーに入るので気を付けましょう。過度に薄着、厚着もこの中に入ります。真冬にビーサンはなくても、寒くなったら今までの服にダウンを羽織るだけ、夏は反対に春秋に着てるシャツを脱ぐだけで衣替えがない人は注意してください。ここまでが最低ラインです。しかしながら、ちょっと前まで高校生でほとんど制服を着て過ごしていた大学生の皆さんはこちらをクリアしている方がほんとうに少ないです。これは経験値です。あなたの隠れたセンスを全面に発揮する前に、時・場所・場合を加味しましょう。その上でスニーカーだけ派手色で刺し色にする、ポケットのかえし部分だけちょっと柄になっている等、面積の少ない部分にあなたのセンスを光らせます。そうした大人男子のオシャレを同年代よりいち早く取り入れることで、あなたの服装はあなたを一段上の男へと格上げしてくれるのです。